解決しました

2019/02/26

自宅の一室で仕事をしている場合、プライベートで利用している部分とどのように分けたらいいのでしょうか?

今年初めて確定申告をします。
自宅の一室で仕事をしているため、家賃や電気代なども経費に組み込めると聞いたのですが
全体における按分を一体どれぐらいの割合にすればいいのかいいのかで悩んでいます。
また、仕事で使った車代や電話代などは、プライベートで利用している部分もあり
どの程度を経費として落としたらよいのか困っています。

・経費はどこまで適用されるのか(家賃・電機代・車代など)
・経費を証明するものにはどんなものがあるのか

村井 一則 専門家

ノーリエ合同会社

プロフィールを見る

村井 一則 専門家

ベストアンサー

ありがとう

ミズノさま
はじめまして。ノーリエFP事務所(札幌)の村井一則と申します。

自営業でされいると自宅兼職場という方が多いですが、按分となると割合をどうするのかは?悩みますね。

いくらの按分なら税務署に責められないのかというと、ハッキリとして目安というものはないのが実情です。

仕事の内容や勤務時間が個々によって違ってくるので、明確な基準というものはないといえます。

とはいえ、確定申告では定めていかないと経費として計上できないので困りもの( ノД`)シクシク…

家賃については、賃貸住宅であれば 全体スペースに対する使用する面積で求めるのが一般的な分け方です。 仕事部屋が20㎡÷家全体の面積50㎡なら40%になります。

家賃が8万円であれば40%をかければ家賃経費は32000円という具合になります。

電気はコンセントの口数で考えると分けやすいでしょう。
仕事で使ているコンセント÷家全部のコンセントの数で計算すると按分率が出せます。

要するに経費の根拠を聞かれたときに、誰が見ても、“きちんと説明できる理由”があればいいのです。

ただ、一時決めた割合は、コロコロ変えると不信感をいだかれるので、ルールをきちんと定めるようにするよう注意しましょう。

経費としては、仕事として使えているものであれば経費にすることできます。
車については、走行距離や使用頻度によって違ってきますが、仕事内容によってはプライベートの利用が高いのであれば、控えめに設定するのがのぞまましいと思われます。

ただし、車の場合は、減価償却の計算をして経費として計上していくことになろうかと思います。ローンの利息分しか経費として認められないことになっていますので覚えておいていただければと思います。

個別具体的な正確的なお話がてきるのは、法律で税理士しか許されていないので、一般論の範囲で説明させていただきました。


投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して
ご参考いただくようお願いいたします。

ランキング

医療費控除で適用される交通費と、限度額療養制度の申請方法を教えてください!

30代男性 / 福岡県 / 会社員

医療機関を受診した際に利用した公共交通機関の費用は適用されますが、自家用車の場合は医療機関の駐車場利用代、ガソリン代などは適用されるのでしょうか? 大きな病院の場合は検査などで一日中かかったり、さら...

専門家が回答しています。

避妊目的のピルは医療費控除に含まれる?

20代女性 / 大阪府 / パート・アルバイト

現在避妊目的でピルを服用しています。 全額自己負担なので、医療費控除ができればしたいなと思っているのですが、避妊目的のピルは医療費控除の対象なのでしょうか。 婦人系の病気や生理不順などの疾患は全くない...

専門家が回答しています。

差額ベッド料は医療費控除として認められるんですか?

70代女性 / 東京都 / 無職

無職で年金暮らしのため娘の扶養に入っています。 昨年、足の手術で3週間の入院をしました。高額医療費制度で医療費は4万円程度だったのですが、入院したときに希望していた大部屋が空いていなくて、差額ベット代...

専門家が回答しています。

歯医者への交通費は付添人の分も申請して良い?

30代女性 / 東京都 / 主婦・主夫

小学生の長女が矯正治療を始めたので年間通しての医療費が高額になりましたので、医療費控除を申請しようと思っています。通院している矯正歯科が家から電車で1時間ほどのところにあり、治療の際は誰かが付き添って...

専門家が回答しています。

病院代の支出を抑えるには医療費控除しかない?

40代女性 / 青森県 / 会社員

最近になり、持病ができてしまい定期的に通院しています。その病院の医療費、薬代が高くて、月に約1万円掛かります。その他にも通っている病院があるため、最低でも月に1万3000円は病院代として消えて行きます...

専門家が回答しています。

活躍中の専門家

新着Q&A