解決しました

2019/09/12

3人の子供達の学資保険に入るメリットと選び方について

33歳です。6歳4歳0歳の子供達がいます。
旦那と共働きで、合わせて年収650万円程なので、3人それぞれ私立大学に行かせるためには学資保険に入ったほうがいいのかどうか迷っています。
職場の50代以降の主婦の方は学資保険入っていた方がいいと言われますが、正直今の学資保険は元本割れしそうな保険もあるため魅力を感じません。

学資保険に入るメリット、もし入るとしたらリスクヘッジのために、3人の子供達それぞれ違う会社の学資保険に入った方がいいのでしょうか。

鈴木 秀俊 専門家

SYN Group株式会社

プロフィールを見る

鈴木 秀俊 専門家

ゆりゆりさん

はじめまして、ファイナンシャルプランナーの鈴木秀俊です。
下記回答いたします。

学資保険に加入するメリットについてのご質問ですね。
メリットは2つあります。


①多少、増えて返ってきます
・現在の利率であれば、銀行に預けたままを100%(変動無)とした場合、
 105%等(各社によって異なります)増えて返ってくる商品があります。
・ただし、途中解約した場合など、元本割れする可能性はありますのでご留意ください。

②教育資金としてロックすることが出来ます
・銀行の普通口座に入れている場合、良くも悪くもすぐに使えてしまいます。
・最初から省くことで、使えるお金を見える化することが出来ます。
 ロックされてしまう、というデメリットともなり得ますね。


年々、返ってくるお金の率(=返戻率)は下がっていますので、
周りの方のご意見も大事ではありますが、学資保険に加入するか否かは
現在の学資保険の状況とゆりゆりさんの貯蓄状況、見通しから判断しましょう。
周りが入っているから、、と不安に駆られる必要はありません。

なお、「3人の子供たちそれぞれ違う会社の学資保険に入るべきか?」
という質問に対しては、あまりないと思います。
主にヘッジ出来るリスクは、保険会社の破綻リスクですが、
そうそう起こり得ることではありません。どうしても気になる、という場合以外は
請求手続き等が煩雑になりますので、1社で構わないと思います。
※入る時期によって商品内容は変わりますので、タイミングが異なるのであれば
 都度ご検討ください。


学資保険を用いて貯めることも考える必要はありますが、
お父様、お母さまのお2人に万が一(就業不能や死亡)が起きたとしても、
共働きと同じ収入、またはそれに近い収入をキープし、お子様に私立大学へと
通って頂くことも大事かな、と感じました。

最後ではありますが、ジュニアNISAや低解約返戻率型終身保険などを用いて
学資保険より良いリターンを得られることもありますが、そこはリスクとリターンを
勘案した上で、ぜひベストな選択をしてください。

ゆりゆりさんの検討の一助となれば幸いです。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して
ご参考いただくようお願いいたします。

ランキング

学資保険終了後のに大学生に必要な保険はどのような保険ですか?

40代女性 / 岩手県 / 会社員

45歳女性です。離婚し、15歳の娘を1人で育てています。 郵便局の学資保険(月3万弱)をかけているのですが、あと2年で終了します。月1万5000円程度であれば、継続して保険料を払うことができます...

専門家が回答しています。

3人目の子どもも学資保険に加入すべきか?

30代女性 / 京都府 / フリーランス

38歳女性です。夫は36歳で子供が3人です。 上2人は学資保険に加入して教育資金を準備しています。 3人目が生れて、同じように学資保険に加入しようと考えていたところ、インターネットで「学資...

専門家が回答しています。

子供の学資保険、どんなのがいい?

30代女性 / 愛媛県 / 主婦・主夫

36歳女性です。3人子供がいるのですが、1番上は社会人、2番目は中学生、1番下がまだ3歳です。 正直、1番下が出来る予定がなくて出来てしまい、しかも女の子で、女の子の方がお金がかかると聞き、これから...

専門家が回答しています。

15歳で受け取れる、子供の保険やその他の方法を教えてください。

30代女性 / 神奈川県 / 主婦・主夫

29歳女性です。2歳の子供がおります。 出産前から子供のために学資保険に加入しており、 子供が18歳になったときに、300万を受け取れる 保険に加入しました。年払いで払っています。 し...

専門家が回答しています。

二人目の学資保険について

30代女性 / 大阪府 / 主婦・主夫

現在、1歳5か月の子供が一人と来年の4月にもう一人子供が生まれる予定の夫婦が34才同士の家族です。 長女にはもう既に学資保険をかけているのですが、次の子供にはどういった保険をかけるべきか悩んでいます...

専門家が回答しています。

活躍中の専門家

新着Q&A