解決しました

2019/06/09

どちらのタイプがおすすめなのか教えてほしい。

現在、「入院1日につき〇〇円お支払い」というようなタイプのがん保険に入っていますが、「がんと診断されたら即100万円お支払い」というような、診断された時点で一括で大きな額の保険金が下りるタイプの保険が気になっています。
今までは、自分が入っているタイプが一番いいと思っていたのですが、例えば入院するまでにお金が必要になる場合もあるので、診断されてすぐにまとまったお金が入ったほうが助かるというような話も聞きました。
どちらがいいのか教えてほしいです。

岩永 苑子 専門家

FPオフィス ライフエール

プロフィールを見る

岩永 苑子 専門家

まりさん、はじめまして。
ファイナンシャル・プランナーの岩永苑子です。
どうぞよろしくお願い致します。

がん保険は、どんなタイプが良いかとのご質問ですね。

♦「入院1日につき〇〇円」と「がんと診断されたら〇万円」どちらがいいのか?

現状のがん治療から考えると、「がんと診断されたら〇万円」の方が良いです。

がんにかかったら、長期の入院治療をしていたのは昔の話で、
今は、入院期間はかなり短縮されています。

通院での治療が主力になる傾向があります。

(がんの部位・種類や進行具合、年齢、体力、個人の体質などにより
どの治療方法がベストかは医師の判断により異なります)
(年齢が若い程、がんの進行速度は速いが体力があるので、治療の選択肢は多く、
治療費が高額になる傾向があります)
(高齢の方は、がんの進行速度が遅いことと体力的な問題から、
健康保険適用の標準治療で収まり、高額な治療費がかからなかったという
ケースもあるようです)

がんと診断されたら、まとまったお金(給付金)を受け取り、
通院・入院・手術・サプリ・痛み緩和のマッサージ・タクシー代
家事のヘルパー代などの支払いに「自由に使える」方が良いかと思います。

ステージによっては、長年の希望を叶えるために旅行などに使う方も
いらっしゃいます。

がん=死ではないけれど、
治療に取りかかる上での不安はつきまといます。
経済的な支えとなるがん給付金は、その時に助けになります。

命の不安に加えて、経済的な心配までしなければならないのはさけたいと、
私は思っています。

又、再発・転移・新たながんの発症の可能性に備えて、
がん診断給付金は、「複数回給付」が望ましいです。

いざという時に経済的に支えてくれる保険でなければ、
加入していてもあまり意味がないと思います。

がん診断給付金(複数回給付)をご検討されることをお勧め致します。

追記
☆ 先進医療給付金を、がん保険か医療保険にぜひ付けてください。

まりさん、ご不明点があれば、またご質問くださいね。
私の回答がお役に立てれば、幸いです。

ファイナンシャル・プランナー
岩永苑子

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して
ご参考いただくようお願いいたします。

ランキング

抜釘手術の際の保険金

40代男性 / 東京都 / 会社員

42歳、男性です。 去年、事故で、かかと骨折と腰椎圧迫骨折し3か月入院しておりました。 抜釘手術のために、再入院は確定しているのですが、いつ入院するか等は、まだ未定です。 かかと抜釘で入院した際...

専門家が回答しています。

専業主婦にがん保険は不要ですか?県民共済だけで十分ですか?

40代女性 / 新潟県 / 主婦・主夫

40代前半の専業主婦です。夫と子供2人と暮らしています。専業主婦だから、医療保険は、県民共済を利用していますが、正直、県民共済だけでは、不安です。がん保険を新たに加入したいのですが、夫に、必要ないと言...

専門家が回答しています。

がん保険はどのような選び方が良いのでしょうか?

30代女性 / 鳥取県 / 自営業

がん保険を決める際にはネットから加入できるがん保険が保険料が安くて良いと思うのですが ネットから加入できるがん保険は実店舗に行って加入するがん保険よりも良くないのでしょうか。 よくネット通販型の保険...

専門家が回答しています。

医療保険に加入していないことに悩んでいます

50代女性 / 香川県 / 主婦・主夫

私は今まで、病気をせずになんとか仕事で頑張ってきました。ところが最近は、ちょっと具合が悪いこともあります。それは,年とともに今まで通りではいかないのではと思うことが増えるようになりました。今までは元気...

専門家が回答しています。

手術後の経過観察中の新規保険加入について。

40代女性 / 宮崎県 / フリーランス

40代女性です。現在専門学校に通う18歳の娘がおります。 娘の保険についてのご質問をさせていただきたいと思います。 娘は12歳の時に脳腫瘍の手術をしたのですが、現在も定期的に医師の診察を受けて...

専門家が回答しています。

活躍中の専門家

新着Q&A