解決しました

2019/06/21

学資保険と生命保険、どちらがいいですか?

子どもを出産したので学資保険に入ろうと考えて、学資保険で有名な会社に相談してみました。

ところが、その会社のファイナンシャルプランナーに相談してみると、学資保険ではなく生命保険や医療保険に加入することを勧められました。
そのファイナンシャルプランナーの方が言うには、学資保険の目的は保護者が死亡したり働けなくなるリスクに備えることと、学資保険を通して資産形成することだが、
死亡したり働けなくなるリスクについては生命保険や医療保険の方が手厚く対応できるし、資産形成についても貯蓄型の生命保険や医療保険の方が効率が良いと。

そもそも生命保険にも医療保険にも入っていなかったので、この機会に入っても良いかなとは思うのですが、
学資保険と一緒に入るべきか、それともどちらかだけで良いのか、素人でわかりません。
アドバイスをお願いします!

岩永 苑子 専門家

FPオフィス ライフエール

プロフィールを見る

岩永 苑子 専門家


ことみさん、はじめまして。
ファイナンシャル・プランナーの岩永苑子です。
どうぞよろしくお願い致します。

学資保険に加入する場合、生命保険・医療保険も一緒に入るべきか?
とのご質問ですね。

結論から言いますと、小さなお子様がいらっしゃるので、
学資・医療・死亡保険の全てを検討する必要があります。

優先順位は、①死亡保険 ②医療・がん ③学資か終身保険の順番も
ほぼ間違いないと思います。

但し、どんなに優れた保険会社でも、
1社の保険商品だけで最高の組み合わせは作れません。

複数の保険商品を取り扱う保険ショップであれば、
比較してオリジナルの組み合わせができて、満足度が高いと思います。

おそらく、私も好きな商品が多くある会社の商品のようですが、
(私もいくつか加入している会社のようです。)
今は生命保険会社が各社競争し合い、良い商品を安く提供している時代です。
他社の保険と比較して良いところ取りする方がベストな形になります。

担当者が素晴らしい方で是非その方に加入したいという意向であれば、
他社と比較しても自社が優れていると思う商品は何か?を聞かれてみて、
正直に答えてくれる担当者ならば、その商品はその方から加入されて、
他社が優れていると思う商品は保険ショップで加入するのもありかと思います。
お客様の利益を優先する担当者であれば、分かってくれると思います。

お客様の立場で考えますと、大事なお金を託すので慎重にもなりますし、
疑問点について納得した上で加入したいと思われるのは当然かと感じます。

ことみさん、ご不明点があれば、またご質問くださいね。
私の回答がお役に立てれば、幸いです。

ファイナンシャル・プランナー
岩永苑子

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して
ご参考いただくようお願いいたします。

ランキング

学資保険終了後のに大学生に必要な保険はどのような保険ですか?

40代女性 / 岩手県 / 会社員

45歳女性です。離婚し、15歳の娘を1人で育てています。 郵便局の学資保険(月3万弱)をかけているのですが、あと2年で終了します。月1万5000円程度であれば、継続して保険料を払うことができます...

専門家が回答しています。

3人目の子どもも学資保険に加入すべきか?

30代女性 / 京都府 / フリーランス

38歳女性です。夫は36歳で子供が3人です。 上2人は学資保険に加入して教育資金を準備しています。 3人目が生れて、同じように学資保険に加入しようと考えていたところ、インターネットで「学資...

専門家が回答しています。

子供の学資保険、どんなのがいい?

30代女性 / 愛媛県 / 主婦・主夫

36歳女性です。3人子供がいるのですが、1番上は社会人、2番目は中学生、1番下がまだ3歳です。 正直、1番下が出来る予定がなくて出来てしまい、しかも女の子で、女の子の方がお金がかかると聞き、これから...

専門家が回答しています。

15歳で受け取れる、子供の保険やその他の方法を教えてください。

30代女性 / 神奈川県 / 主婦・主夫

29歳女性です。2歳の子供がおります。 出産前から子供のために学資保険に加入しており、 子供が18歳になったときに、300万を受け取れる 保険に加入しました。年払いで払っています。 し...

専門家が回答しています。

二人目の学資保険について

30代女性 / 大阪府 / 主婦・主夫

現在、1歳5か月の子供が一人と来年の4月にもう一人子供が生まれる予定の夫婦が34才同士の家族です。 長女にはもう既に学資保険をかけているのですが、次の子供にはどういった保険をかけるべきか悩んでいます...

専門家が回答しています。

活躍中の専門家

新着Q&A