解決しました

2019/07/25

今、入っておくべきガン保険はどのタイプのものでしょうか

ガン保険と言っても様々なタイプがあると思いますが、今の私の年齢で、かつ現時点で共働きなので、もしガンになって入院や手術となると収入が減る上に今後の家計にも響いてきます。
今は給与を保証してくれるタイプもあるようですが、そういうタイプのものと、ガンと診断された時に出る一時金が大きいもの、また何度でもガン診断の度にお金が出るものとなるとどれが自分にあった商品なのか悩み所です。
また、女性特有のガンなどの特約は必要でしょうか?それに入るくらいなら普通のガン保険を2口入ったほうがましなのでしょうか?

眞野 潔 専門家

株式会社フォートレス 広島支店

プロフィールを見る

眞野 潔 専門家

はじめまして ファイナンシャルプランナーの眞野(しんの)と申します。

がん保険のタイプについてのご質問ですね。

がん保険の保障内容は①診断一時金②入院給付金③先進医療特約をベースに、通院での治療給付(抗がん剤・放射線治療・ホルモン剤治療など)や女性特有のがん治療などの保障を充実させたタイプがあります。
がんの治療にはお金がかかると言われ、たくさんの治療方法に対応した保障のがん保険が保険会社各社から発売されており、保障内容も掛金も違うので、先ずは各社商品を比較検討してご自分に合った商品と思う商品を見つけることが大事です。

商品選択にあたっては次のような点に留意すると良いと思います。

①診断給付金は診断確定で一時金が給付されるので、使い道が自由な治療資金を確保できる点がメリットです。複数回払いの商品が良いと考えますが、2回目以降の給付要件は各社で違いますので、比較してください。(何年ごとに給付されるか、診断確定なのか、入院が要件なのか など)

②入院給付金は1入院限度日数無制限が一般的ですが、通院でのがん治療も増えているので、通院治療での治療給付を充実させた商品が増えていますので、幅広く比較検討することをお勧めします。
先進医療特約は付帯しましょう。

③保障期間は終身をお勧めします。払込期間については、終身払いが保険料は安いですが、一生払い続けることになります。短期払い(60歳・65歳など)で支払いを完了させる方が総支払額を圧縮できるという考え方もあります。
尚、働いている期間の保障を充実させる場合には、終身保障商品に加えて、働いている期間だけ手厚くするために、定期型がん保険(保険期間10年など)をセットすることが良いと思います。

がん保険についてのみコメントしましたが、最近は医療保険にがんに関する保障を特約で付加できる医療保険も多く販売されています。がん以外の病気やケガでの入院リスクもカバーする場合には、医療保険も含めて検討することもよろしいと思います。

一般的な考え方について記載させていただきました。
少しでも参考になれば幸いです。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して
ご参考いただくようお願いいたします。

ランキング

抜釘手術の際の保険金

40代男性 / 東京都 / 会社員

42歳、男性です。 去年、事故で、かかと骨折と腰椎圧迫骨折し3か月入院しておりました。 抜釘手術のために、再入院は確定しているのですが、いつ入院するか等は、まだ未定です。 かかと抜釘で入院した際...

専門家が回答しています。

専業主婦にがん保険は不要ですか?県民共済だけで十分ですか?

40代女性 / 新潟県 / 主婦・主夫

40代前半の専業主婦です。夫と子供2人と暮らしています。専業主婦だから、医療保険は、県民共済を利用していますが、正直、県民共済だけでは、不安です。がん保険を新たに加入したいのですが、夫に、必要ないと言...

専門家が回答しています。

がん保険はどのような選び方が良いのでしょうか?

30代女性 / 鳥取県 / 自営業

がん保険を決める際にはネットから加入できるがん保険が保険料が安くて良いと思うのですが ネットから加入できるがん保険は実店舗に行って加入するがん保険よりも良くないのでしょうか。 よくネット通販型の保険...

専門家が回答しています。

医療保険に加入していないことに悩んでいます

50代女性 / 香川県 / 主婦・主夫

私は今まで、病気をせずになんとか仕事で頑張ってきました。ところが最近は、ちょっと具合が悪いこともあります。それは,年とともに今まで通りではいかないのではと思うことが増えるようになりました。今までは元気...

専門家が回答しています。

手術後の経過観察中の新規保険加入について。

40代女性 / 宮崎県 / フリーランス

40代女性です。現在専門学校に通う18歳の娘がおります。 娘の保険についてのご質問をさせていただきたいと思います。 娘は12歳の時に脳腫瘍の手術をしたのですが、現在も定期的に医師の診察を受けて...

専門家が回答しています。

活躍中の専門家

新着Q&A