解決しました

2019/03/13

投資信託を始める時には金融機関が良い?証券会社?

今までも投資信託には興味があったものの、なかなか挑戦する機会がないままでした。そんなある日、いつも利用している銀行で定期口座の手続きをした際、「投資信託の話がしたい」と言われました。そのまま話を聞いてみたものの、投資信託と言えば証券会社でするイメージが強かったので「銀行の投資信託って大丈夫なの?」と思ってしまいました。
実際、銀行と証券会社の投資信託って何か違いがあるのでしょうか?メリットやデメリットも合わせて知りたいです。

眞野 潔 専門家

株式会社フォートレス 広島支店

プロフィールを見る

眞野 潔 専門家

ベストアンサー

ありがとう

はじめまして ファイナンシャルプランナーの眞野(しんの)と申します。

投資信託を始めるにあたり、銀行と証券会社の違いについてのご質問ですね。

超低金利下にあって、金融機関も金利収益の減少を補うため、証券や保険の販売・取次等のコミッション(手数料)ビジネスを強化しています。
一方、ネット系の証券会社や銀行では、割安な手数料での株式取引や低金利ローンも登場し、消費者はより安い手数料での取引を選択できる環境が整ったと言えるのではないでしょうか。

投資信託を始めるにあたって、銀行と証券会社を比較した場合、
①銀行では、系列証券会社の商品ラインナップ中心に販売されており、取扱商品が少ないと思われます。購入したい消費者に人気の投資信託などの取扱が無い場合もあります。
②証券会社では、投資信託の他に株式売買を行っており、多くの商品や情報も持っていますが、反面、消費者側の知識不足のため、証券会社の推奨商品を言われるままに購入することには注意が必要です。
といったことが違いではないかと考えます。

資産運用は、自己責任が大前提ですので、銀行や証券会社の商品説明をしっかり理解して自分で商品選択する必要があります。投資信託は元本確保商品ではなく、運用次第では元本割れのリスクがあることにも留意が必要です。
投資信託を始める場合、少額から開始して、少しずつ投資の勉強をしながら、進めていくことが大事です。

商品の販売手数料の有無や信託報酬、口座管理手数料も運用実績に影響しますから、低コストの商品や取扱会社を選択することも大事です。ネット系の証券会社も選択肢に加えることもお勧めします。

少しでも参考になれば幸いです。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して
ご参考いただくようお願いいたします。

ランキング

個人年金を検討しているのですが、個人年金のメリットデメリットを教えてください

30代女性 / 群馬県 / 会社員

関東に住む29歳女性会社員です。現在収入が月16万円ほどあり生活費を除くと約5万円ほどが自由に使えるお金です。 老後を考えると本当に年金が貰えるか不安です。その為に個人年金を検討しているのですが、ど...

専門家が回答しています。

どうしても欲が出てしまって、毎回解約のタイミングを逃す

30代女性 / 徳島県 / 主婦・主夫

一言で言うと売り時が分からないです。売り時は、その人その人によって、ここだ!というタイミングは違うと思いますが、私はプラスいくらになったら、と決めてはいます。しかし毎回欲が出てしまいタイミングを逃して...

専門家が回答しています。

夫にばれずに資産運用を上手にしていきたいです

30代女性 / 埼玉県 / 主婦・主夫

出産を機に退職し、現在は専業主婦です。子どもが小さいうちは仕事よりも家庭を優先にと考えておりますが、教育資金や老後費用などについて不安に感じています。直近は正社員で10年以上勤めていたため、退職金が1...

専門家が回答しています。

年金の運用方法について

50代女性 / 北海道 / 主婦・主夫

50代女性です。 夫と20歳の娘と15歳の息子の4人家族です。 20歳の娘は、軽度の知的障害を伴う発達障害があり、障害基礎年金を受け取っています。私たち夫婦がいなくなってしまった後に娘が困らないよ...

専門家が回答しています。

低金利の現代社会で何をしたらいいのか分かりません!

30代女性 / 広島県 / 主婦・主夫

現在、事情があり外での仕事ができず専業主婦をやっている者です。主人の収入だけで十分二人で生活していくことはできますが、将来的なことも考えるとマイホーム、マイカーの購入、ゆくゆくは子供も欲しいと思ってい...

専門家が回答しています。

活躍中の専門家

新着Q&A