解決しました

2019/02/14

今の保険料でいいのか?他に良い方法があれば教えてください。

今現状夫は生命保険に入っています。毎月1万程かけています。そして夫は医療保険には入っていません。妻は県民共済の医療保険に毎月2000円の掛金で入っています。夫の生命保険はある程度払い終えないと損が出るということで今も払っています。今現状保険はこれでいいのか分からない状態です。夫の医療保険に入った方がいいのではないかと思うことがあるのですが、保険料が高いため、なかなか見直しが出来ない状態です。どうしたらいいでしょうか?

寺﨑 健一 専門家

ハッピー・カンパニー(富山FP事務所)

プロフィールを見る

寺﨑 健一 専門家

キャサ様、はじめまして。

ハッピー・カンパニー(富山FP事務所)の寺﨑健一と申します。
富山県で独立系ファイナンシャルプランナーとして活動しております。

保険の見直しを検討しているけれど、今の保険料が高額なため
行動に移せない状況であることがわかりました。

まず、現在払っている保険を推測すると、終身保険と思われます。
損が出るというのは、支払った保険料が保険金より少なくなることを
意味していると予想します。ある程度払わないと書かれていますが、
現在はほとんどのケースで保険金が支払い保険料を超えるのは払込期間の
終了直前です。一度ご確認されることをお勧めいたします。

現在主流なのは、掛け捨て型の保険です。
一定期間に万が一があった場合、遺族の方に保険金が支払われます。
終身保険で毎月の保険料が1万円程だと、保険金は300万円程と思われます。
一方、定期保険であれば、毎月の保険料が1,000~1,500円程で
1,000万円程の保障があります。現在の保険との差額分を貯金に回せば
家計の改善も見込めるのではないでしょうか。
また、収入保障保険という保険もあります。保険期間中に万が一があれば、
契約した残りの期間が終了するまで、毎月保険金が受け取れる保険です。
こちらも定期保険同様お勧めの保険になります。
定期保険や収入保障保険は、体型や血圧が一定範囲内である場合や
お煙草を吸われない場合には、更に保険料が安くなるものもあります。

医療保険ですが、健康保険に加入していれば医療費の負担は3割ですし、
高額療養費制度を利用すれば一般的な収入であれば、手術や入院があっても
実質的な自己負担は毎月9万円くらいです。緊急の入院費用として
50~100万円程の貯金ができていれば優先順位は低くなります。
どうしても加入されたい場合は、キャサ様と同じ県民共済を利用されても
良いのではないでしょうか。

このアドバイスが、キャサ様のお役に立てれば幸いです。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して
ご参考いただくようお願いいたします。

ランキング

B型肝炎ウイルスのキャリア。発症するかもしれないと不安です。

40代女性 / 静岡県 / 主婦・主夫

母子感染によるB型肝炎ウイルスのキャリアです。 20歳のころ、献血をして初めて知りました。夫と子供は予防接種済みです。 同じくキャリアだった母は、定年までフルタイムで勤め上げました。 50歳頃から肝...

専門家が回答しています。

55歳の実家の弟は糖尿病で治療しています。最近、腎臓も悪くなってきたのですが、よくあるような糖尿病が関係していない腎臓病のようです。

60代女性 / 和歌山県 / フリーランス

実家の弟は、現在一人暮らしです。5年位前から糖尿病を発症して、治療を受けています。 そして、昨年の2月くらいから排尿障害が起こり、入院して治療を受けました。 そのとき、腎臓も悪くなっていることがわかり...

専門家が回答しています。

うつ病の持病があるときの保険の選び方を知りたいです。

30代女性 / 石川県 / 主婦・主夫

現在うつ病で通院中です。生命保険と医療保険に一つずつ加入しています。生活費の節約のために、現在加入している保険の見直しを行いたいと思ってます。 しかし、持病があると入れる保険が限られてしまい、また保険...

専門家が回答しています。

臼蓋形成不全は告知義務があるのでしょうか?

30代女性 / 東京都 / 会社員

子どものころ、脱臼のクセがあり、病院で見てもらったところ、臼蓋形成不全と言われました。ただ、子どもの頃はよく脱臼をしていて、ども股関節に発育不全があり、それが原因で脱臼を度々繰り返していたようなのです...

専門家が回答しています。

飲んでいた薬や治療によって保険料は変わる?

20代女性 / 千葉県 / パート・アルバイト

20代の女性です。今年、体調を崩して休職し、心療内科に通っていた時期がありました。症状が軽めのものだったこともあり、今は復職して、治療や服薬もせず元気に過ごしています。そんな経験もあって、医療保険や給...

専門家が回答しています。

活躍中の専門家

新着Q&A