解決しました

2019/01/18

今後のライフプランに悩んでおります。

現在42歳専業主婦、娘が1歳、主人は49歳です。来年春には保育園に入れたら私もパートにでたいと思っています。今後のライフプランに悩みます。昨年現在住んでいる中古マンションを購入しました。もし、主人になにかあった時は、保険でなんとかなるのか、どのくらいカバーしてくれるものなのか心配です。年収はたぶん500万円くらいです。かいしゃいんです。
今後のライフプランとして、私もパートではなくフルタイムで働けるところを探したほうがいいとはおもうのですが、子供が小さいのでどのくらい働けるのだろうかと考えております。どういうライフプランをたてていけばよいでしょうか?

竹国 弘城 専門家

RAPPORT Consulting Office

プロフィールを見る

竹国 弘城 専門家

はじめまして、ファイナンシャルプランナーの竹国です。

ライフプランを立てる上では、今後どのような人生を歩んでいきたいのかという希望と、それに必要な資金をどう確保するのかというマネープランが両輪となります。

ファイナンシャルプランナーなどが行うライフプランニングでは、将来のお金の流れをシミュレーションし、お金が足りなくなってしまわないのか、不足する場合にはどのような対策が取れるのを考えることで、ライフプラン、マネープランに関する悩みや不安を解消することを目的としています。

ライフプランニングでは、ライフプランにおける希望と、現在の生活費や保有している資産やローンなどの負債、加入している保険の保障内容などをすべて書き出すことから始めます。現状を正確に把握することが、お金の不安を解消する第一歩となります。

その上で、収入の範囲内で生活できているか、貯蓄はできているのか、保障に過不足はないかを確認してください。もし赤字が続いていたり、保障に過不足があれば早期の対策が必要です。

また教育資金、ローン返済、老後資金など、将来必要となるお金については、今後の収入や貯蓄、公的な保障でまかなえるのか、将来のお金の流れをシミュレーションを行います。現状のままでは不足してしまう場合には、家計の見直しにより支出を削ったり、奥様が働くことで収入を増やすなどの対策を考えていきます。その不足額に応じて、パートでよいのか、フルタイムで働くべきなのか、奥様の働き方も変わってきます。

ライフプランニングはご自身でも行うことができますが、より効果的なプランニングを行うのであれば、ファイナンシャルプランナーなど専門家に相談し、サポートを受けることも検討してみてはいかがでしょうか。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して
ご参考いただくようお願いいたします。

ランキング

30代夫婦の家計を助けられるような保険を探しています。

30代女性 / 滋賀県 / 主婦・主夫

30代女性で保険にはまだ入っていないのですが、結婚を機に家計を助けたり、今後生まれてくる子供のために保険に入ろうと思うのですが、実際にどのような保険が合うのかわかりません。
できるだけ掛け金は少...

専門家が回答しています。

今後どのように貯蓄、節約していけばいいか

30代女性 / 大阪府 / 主婦・主夫

私は2才になる娘を育てている専業主婦です。
年齢は36歳です。
妊娠前に、主人が自営業をしていましたがうまくいかず、借金を作ってしまいました。私自身も、生活を何とかしようとインターネットビ...

専門家が回答しています。

今後の家計の見直しについて

40代女性 / 兵庫県 / 主婦・主夫

40代前半の育休中の主婦です。家族構成は50代前半の主人、3歳と0歳の男の子二人の四人家族です。持ち家一戸建で生活費は主人、食費雑費、こどもにかかる費用は主人から10万円もらい、それ以上かかる場合は私...

専門家が回答しています。

学資保険とお金の貯め方について教えてください

30代女性 / 東京都 / 主婦・主夫

30代前半の専業主婦で、夫と子どもが1人います。専業主婦なので、年収はありません。 子どもの今後の教育費についてわからないことだらけです。子どもが社会人になるまでにおおよそ1000万円かかると聞...

専門家が回答しています。

旦那に会計を担当させてよいか

20代女性 / 香川県 / パート・アルバイト

現在27歳既婚。私が、家計を全担当しています。私が夫の立場ですが食べ物の買い物、料理、片付けを全部しています。家計は妻に任せないでよいのでしょうか?私は男ぽい性格ですが会計が上手と言われますが妻に任せ...

専門家が回答しています。

活躍中の専門家

新着Q&A