解決しました

2019/02/20

退職後、どんな保険に入ればいいの?

34歳、女性です。
今月、12月に教員を退職し、今は専業主婦になりました。
退職するまでは、教員が入れる団体保険に入っていたのですが、退職したため、その保険は自動解約されることになりました。
保険はその一つしか入っていなかったので、今は何も入っていない状態です。
そこで、相談です。専業主婦となった今、どんな保険に入れるのでしょうか?また、保険に入るときは、何に焦点を当てて選択すればよいのでしょうか?
教えてください。

眞野 潔 専門家

株式会社フォートレス 広島支店

プロフィールを見る

眞野 潔 専門家

はじめまして ファイナンシャルプランナーの眞野(しんの)と申します。

保険加入の考え方についての質問ですね。
人の体にかける保険としては、病気の死亡や入院について保障する生命保険と、事故や災害の死亡や入院・通院について保障する損害保険があります。

生命保険についてわかりやすく、おおまかに分けると
①死亡や高度障害を保障する生命保険(死亡保障)、②入院、手術などの費用を保障する医療保険、③がんの治療費用を保障するがん保険、④老後の資金を貯蓄できる個人年金保険、⑤子供の学資費用を貯蓄できる学資保険 などで整理できます。
保険には、保障機能と貯蓄機能があり、保障だけの掛捨てから貯蓄を重視した商品まで様々な商品が販売されています。

保険加入の考え方とすれば、
①自分に万が一死亡した場合、経済的に困る人がいれば、生命保険(死亡保障)で備える②自分が病気で入院した場合に公的医療保険制度だけでは費用が足りない場合は医療保険で備える。特にがんの治療費用を確保したいならがん保険で備える。
③老後の生活費を公的年金以上確保したい場合は個人年金保険や貯蓄性が高い生命保険で備える。
④子供の進学費用を積み立てたい場合は学資保険で備える。
といった必要性に合わせて加入します。

ご家族に万が一があった場合に経済的に困らないように生活を守る(保障)ということが、保険の本質的な機能だと思います。貯蓄は他の金融商品でも可能ですが、保障は保険にしかできない機能です。
少しでも参考になれば幸いです。





 

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して
ご参考いただくようお願いいたします。

ランキング

抜釘手術の際の保険金

40代男性 / 東京都 / 会社員

42歳、男性です。 去年、事故で、かかと骨折と腰椎圧迫骨折し3か月入院しておりました。 抜釘手術のために、再入院は確定しているのですが、いつ入院するか等は、まだ未定です。 かかと抜釘で入院した際...

専門家が回答しています。

専業主婦にがん保険は不要ですか?県民共済だけで十分ですか?

40代女性 / 新潟県 / 主婦・主夫

40代前半の専業主婦です。夫と子供2人と暮らしています。専業主婦だから、医療保険は、県民共済を利用していますが、正直、県民共済だけでは、不安です。がん保険を新たに加入したいのですが、夫に、必要ないと言...

専門家が回答しています。

がん保険はどのような選び方が良いのでしょうか?

30代女性 / 鳥取県 / 自営業

がん保険を決める際にはネットから加入できるがん保険が保険料が安くて良いと思うのですが ネットから加入できるがん保険は実店舗に行って加入するがん保険よりも良くないのでしょうか。 よくネット通販型の保険...

専門家が回答しています。

医療保険に加入していないことに悩んでいます

50代女性 / 香川県 / 主婦・主夫

私は今まで、病気をせずになんとか仕事で頑張ってきました。ところが最近は、ちょっと具合が悪いこともあります。それは,年とともに今まで通りではいかないのではと思うことが増えるようになりました。今までは元気...

専門家が回答しています。

手術後の経過観察中の新規保険加入について。

40代女性 / 宮崎県 / フリーランス

40代女性です。現在専門学校に通う18歳の娘がおります。 娘の保険についてのご質問をさせていただきたいと思います。 娘は12歳の時に脳腫瘍の手術をしたのですが、現在も定期的に医師の診察を受けて...

専門家が回答しています。

活躍中の専門家

新着Q&A