解決しました

2019/03/04

iDeCo(個人型確定拠出年金)の選び方を教えてください。

30代、女です。フリーランスで働いており、国民年金だけでは老後資金が不安なので、近年話題になっているiDeCo(個人型確定拠出年金)を検討しています。誰でも加入することができるという話をインターネットで見たので検討を始めたのですが、さまざまな金融機関があり、どのような商品が良いのか分からず悩んでいます。どのような基準で金融機関を選んだら良いのでしょうか。おすすめの判断基準などあれば教えていただきたいです。

三島 芳史子 専門家

みしまFP事務所

プロフィールを見る

三島 芳史子 専門家

ベストアンサー

ありがとう

はじめまして、べるゆかさん。

個人型iDeCoの選択で悩んでいらっしゃるのですね。

iDeCoは証券会社、保険会社、銀行…といった多くの金融機関がこぞって商品を出ているので確かに選ぶのが難しいですよね。私自身も個人としてどこを選んだらいいのか、悩んだ記憶があります。(私も2009年~始めてずっと継続しています)

気にしだすときりが無いので、ここでは最低限抑えて頂きたいポイントを3つご紹介させて頂きます。

① 口座管理手数料を比較
② 選択できるファンドの確認
③ サポートサービスの利便性や充実度を確認

それぞれについて詳細をお伝えします。

① 口座管理手数料について

加入時や移管時にかかる手数料もありますが、毎月かかる手数料は長期的に影響が一番大きくなるので、まずは毎月かかる手数料を確認します。
毎月かかる手数料には3種類あります。

国民年金基金連合会の手数料 103円
事務委託先金融機関の手数料 64円
運営管理機関にかかる手数料があります。

が、この運用管理機関にかかる手数料は金融機関によって違います。

高いもので月400円程度のところがある一方、かからないところ(0円)のところもあります。たかが月々400円の差ですが、長期にわたりかかるため累計すると大きな支出です。

後述します②、③においても良いものや同じ条件のものがあれば、0円のところを選びましょう。

② 選択できるファンドの確認について

iDeCoには、元本保証の商品もありますが投資信託で運用される方も多くいらっしゃいます。
そこで、選択する金融機関に『どんな投資信託があるのか』を事前に確認しておく必要があります。

どのような投資スタイルで運用されるかは分かりませんが、長期分散投資をするにあたっての基本的な考え方としては、まずは主要な4つの資産クラス(国内債券・国内株式・先進国債券・外国株)をそろえていること。
欲をいえば、それにプラスしてREIT、新興国債券や新興国株などもあれば尚いいですね。

ファンドの条件として、それぞれの資産クラスでインデックスファンドの取り揃えがあることも大切です。(インデックスファンドについては後述してありますのでご参考にしてください。)

この点においては、ほとんどの金融機関が主要4資産のインデックスファンドを組み入れているため問題ないと思いますが、念のため選定しようとしている金融機関にもちゃんと組み入れられているかどうか確認して下さい。

それに加えて、バランスファンド(主要な4資産をメインとした配分が予め決められているファンド)の有無とその内容も見てみましょう。

運用が初心者で、始めた後もできるだけ放っておきたいということであれば、バランスファンドがお勧めです。

というのは、長期分散を基本とする資産運用をする場合、資産配分(どのアセットをどの比率で配分するか)を決めてから運用を始めるのですが、運用をしていくうちに値動きによってそのバランスが崩れてしまいます。
しかし、資産配分(アセットアロケーション)は投資をしていく上で重要な要素のため、どうしても崩れたバランスを整えてあげる作業が必要になるのです。

そのため、『リバランス』といって大きくなった資産を売却したり、少なくなった資産を購入したりといったバランスを整える作業を定期的にすることが望ましいと言われています。

バランスファンドの場合その手間が省けますので、手間をかけたくない方は少し手間ですが、バランスファンドの中身を見てみましょう。

ご自身のリスク許容度にあったバランスファンドがファンドラインナップにあれば、長期的な運用の手間が省ける可能性があります。

*インデックスファンドとアクティブファンドについて*

投資信託には、大きく分けると2種類あります。一つがアクティブファンドでもう一つがインデックスファンドです。

アクティブファンドとは、資産クラスの平均値(ベンチマークと呼ばれるもの。例えば日本株の場合日経平均株価やTOPIX)の上の運用成績を目指すファンドです。

平均の上を目指しますので、ファンドマネージャーがしっかりついて、そのファンドごとの投資哲学に則りながら運用してきます。投資先の経営者に直接会ってインタビューしたり、様々なデータを分析したりして、日々、どのファンドをどの割合で組み入れていくのかを考えています。

常に人手とお金がかかっているため、その費用を信託報酬として投資家が負担することにもなります。つまり運用にそれ相応のコストがかかるわけです。

このコストは固定給のようなもので、運用成績が良いときも悪いときも変わらずかかってきます。信託報酬は高いものだと2%近いものもあり、運用益を得ようとすると、もちろん2%以上の運用成績が得られないと利益はありません。

一方、インデックスファンドとは、資産クラスの平均値を目指すファンドです。コストもアクティブファンドほどかからず、信託報酬が0.5%以下に収まっているファンドがほとんどです。

*以上2種類のファンドの説明でした*

ファンドとしての結論としては、投資の初心者でiDeCoのような長期運用を前提る場合はインデックスファンドかバランスファンドをメインとして運用を始められることをお勧めすることが多いです。

先述した口座管理手数料よりも、資産が大きくなると信託報酬の方がインパクトは大きいので、信託報酬は必ず確認しましょう。(しかし、本当にコスト以上の運用益があるアクティブファンドが入っているのであれば、検討の余地はあります。)

ちなみにネット証券系のiDeCoは、ファンド数を充実させているところが多いです。

③  サポートサービスについて

iDeCoはお付き合いが長くなる商品。サポートサービスの充実も侮れません。

ネットでの使い勝手はもちろん、電話でのやり取りが必要になるケースもあります。

コールセンターの営業時間の確認をしておきましょう。
また、資料請求の前に、敢えて電話でご質問することでつながりやすさや対応を確認することもできます。

以上が最低限気をつけて頂きたいポイントになります。

長期運用される間に色々なことがあると思いますが、べるゆかさんの資産形成が上手くいくことを祈っています。

少しでもべるゆかさんのご参考になれば幸いです。

ファイナンシャルプランナー 三島 芳史子

べるゆか

非常にわかりやすく説明していただきありがとうございます。お話ししていただいたことを参考に選ばせていただきます。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して
ご参考いただくようお願いいたします。

ランキング

一馬力での生活費や老後に備えてのお金の貯め方

30代女性 / 東京都 / 主婦・主夫

子どもが一人おり、今後離婚することになるかもしれません。 そうなると、母親の私と子どもで生活していくのですが、子どもの教育費を貯めつつ、日々の生活費、老後のお金がとても心配です。働けるうちはしっかりと...

専門家が回答しています。

老後に向けての備えについて

40代女性 / 愛知県 / パート・アルバイト

44才女性です。 今までに国保や厚生年金にほぼ加入してきましたが、世帯収入があまりないので、老後心配です。 民間の終身保険や介護に関する保険にはいっておくべきでしょうか? 今は私は保険未加入で、...

専門家が回答しています。

45歳独身が入る個人年金保険は、終身型と確定型(15年)とぢちらが良いでしょうか?

40代女性 / 埼玉県 / 会社員

45歳女性会社員です。 独身の為老後の生活に不安があり、個人年金を考えています。 ①支払金額20,000円/月、15年確定型(65歳払込終了70歳受給開始)と終身タイプ(65歳支払終了65歳ま...

専門家が回答しています。

主人は34歳、老後の積立が今から必要ですか

30代女性 / 大阪府 / 主婦・主夫

30代後半専業主婦です。家族は4人、子供は小学生2人です。年収は450万程度で持ち家ローンが28年残っています。 先日、銀行にて子供の通帳記帳の際に、子供の将来のお金だけでなく、自分たちの老後のお金...

専門家が回答しています。

老後の資金の積み立て方法について

20代女性 / 長野県 / 主婦・主夫

よろしくお願いします。 27歳女性です。今年、結婚・妊娠を機に退職し現在は専業主婦です。 独身時代に個人年金に加入していたので、現在でも月額13,000円ほどの保険料を払っているのですが、貯蓄...

専門家が回答しています。

活躍中の専門家

新着Q&A