解決しました

2019/06/26

つみたてNISAやiDeCo以外に、老後の貯蓄方法はありますか?

33歳育休中で、夫と子供と3人暮らしをしています。
年収200万の契約社員で貯蓄も少なく、老後が心配です。つみたてNISAやiDeCoなど貯蓄に関するワードだけ耳に入ってきており気になっています。
1.老後の貯蓄するならつみたてNISAやi DeCoなどどういったものがあるのか。
2、1の貯蓄方法のそれぞれメリットデメリット。
3.年収が低くても始められて効率よく貯められるオススメの貯蓄方法はどれか。
教えてください。よろしくお願いします。

吉野 裕一 専門家

FP事務所MoneySmith

プロフィールを見る

吉野 裕一 専門家

FP事務所MoneySmithの吉野と申します。

老後の準備で一番多く知られているのは、個人年金保険というものがありますね。

保険会社の商品で、一般的な保険と違い死亡保障が払込保険料と同じくらいとなり、その分、利回りを上げています。

しかし、今のような低金利では、この個人年金保険も魅力がありません。


メリットとしては、つみたてNISAは運用益が非課税に、iDeCoは拠出額全額が所得控除になるという事です。

iDeCoの場合、所得税を計算する際の収入から、その年の拠出額を差し引くことができるので所得税が安くなる可能性もあります。

デメリットとしては両方とも長期で引き出しをする事が出来ないという事もあります。
またこちらも両方に関係しますが、投資性商品は運用次第でマイナスになる時期があるという事です。

iDeCoは5,000円からになりますが、つみたてNISAは証券会社によってはもっと低い額から設定する事が出来ます。

運用期間が10年以上ありますので、ある程度積極的に運用を行う方が、効率的に資産を増やす事が可能になると思います。

ただそれには、ご自身で始めるのではなく専門家など信頼できる方のアドバイスを受けながら始められると良いと思います。

運用期間中にマイナスになる事が、悪い事ではなく買った時より安い時期が来て、安く購入できているという事が理解できるようになれば将来が楽しみになると思います

専門家などと言ったのは、商品の選び方などもっと重要な事があり、誤ってしまうと試算が増えなかったという事にもなりかねませんから

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して
ご参考いただくようお願いいたします。

ランキング

一馬力での生活費や老後に備えてのお金の貯め方

30代女性 / 東京都 / 主婦・主夫

子どもが一人おり、今後離婚することになるかもしれません。 そうなると、母親の私と子どもで生活していくのですが、子どもの教育費を貯めつつ、日々の生活費、老後のお金がとても心配です。働けるうちはしっかりと...

専門家が回答しています。

老後に向けての備えについて

40代女性 / 愛知県 / パート・アルバイト

44才女性です。 今までに国保や厚生年金にほぼ加入してきましたが、世帯収入があまりないので、老後心配です。 民間の終身保険や介護に関する保険にはいっておくべきでしょうか? 今は私は保険未加入で、...

専門家が回答しています。

45歳独身が入る個人年金保険は、終身型と確定型(15年)とぢちらが良いでしょうか?

40代女性 / 埼玉県 / 会社員

45歳女性会社員です。 独身の為老後の生活に不安があり、個人年金を考えています。 ①支払金額20,000円/月、15年確定型(65歳払込終了70歳受給開始)と終身タイプ(65歳支払終了65歳ま...

専門家が回答しています。

主人は34歳、老後の積立が今から必要ですか

30代女性 / 大阪府 / 主婦・主夫

30代後半専業主婦です。家族は4人、子供は小学生2人です。年収は450万程度で持ち家ローンが28年残っています。 先日、銀行にて子供の通帳記帳の際に、子供の将来のお金だけでなく、自分たちの老後のお金...

専門家が回答しています。

老後の資金の積み立て方法について

20代女性 / 長野県 / 主婦・主夫

よろしくお願いします。 27歳女性です。今年、結婚・妊娠を機に退職し現在は専業主婦です。 独身時代に個人年金に加入していたので、現在でも月額13,000円ほどの保険料を払っているのですが、貯蓄...

専門家が回答しています。

活躍中の専門家

新着Q&A